専門業者の存在

産業廃棄物は、事業を行えば確実に出るものです。そして、そのゴミが特殊なもので自社で処理できないという場合もあるでしょう
紙面などの場合は、処理にそこまで難儀することはないはずです。しかし、薬品関係や建築部品関係を処理するためには、産廃選別を行う必要もありますのでできない場合が多いです。
そして、廃棄物処理法を破り、処理方法を考えずに廃棄するような事になれば、不法投棄として違法行為にあたります。不法投棄は厳しく罰せられますし、最悪の場合営業停止となる可能性もあるのです。… Read more



紙について

産業廃棄物処理上では、事業で使った物のゴミや使い終わったものなどを集めてそれを処理しています。産業廃棄物と聞くと、建築関係の物々しいゴミをイメージしやすいかもしれませんが、実際はプラスチック容器や小型の金属部品といった物も多くあります。… Read more



大きな流れに対して

大量消費と大量生産は、国を活性化させるために必要なことです。市場が活性化しているということですから、技術の発展にも繋がりますしお金の流れも生まれるため景気も良くなります。しかし、それは資源を大量消費することでもありますし環境破壊にも繋がることです。そのため、消費するばかりではなく生み出すことも重要です。… Read more



必要性

日本では、資源の確保の方法について長年議論されています。これは、日本の資源が外国と比べて少ない傾向にあり、多くを輸入に頼っているということが関係しています。日本は島国ですから、陸地が大きな諸外国と比べると必然的に資源が少なくなるのです。
そこで、リサイクルということが重要視されています。リサイクルとは、一度使った物を再利用して新たに資源を確保しなくても問題ないようにする方法です。全てがリサイクルできるわけではありませんが、プラスチックやペットボトルなどはリサイクル対象として生活の中でも再利用が行われています。… Read more



ごみとなるもの

ゴミは、生活の中で必ず出るものです。これは、個人でも会社でも関係なく毎日出るものであり、その処理に関しても多くのルールが設けられています。
身近なものでは、可燃物、不燃物、プラスチック類などゴミの種類ごとに分別する事が挙げられます。これらは、ゴミによって処理の方法が違いますし、中には資源として再利用することができるものも含まれているため、それらを分けることで適切に処理をする事ができるためです。… Read more